Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
    

外出自粛の真っただ中、歯医者どうしよう?

昨日、歯医者の予約が入っていたのですが、どうしよか?と悩んだ挙句に行くことに。

歯医者ってこのご時世、一番感染リスク高そうじゃないですか?

もしかしたら歯医者の方から日程変更とかの連絡があるかな、と思ったけど何もなかったので通常通り開業してんだなと思い上板橋へれっつらゴー♪

駅のサンメリーズの前でパンを物欲しげに眺める・・・

あのパンも食べたい、このパンも食べたい!!と妄想して予約に遅れそうになる。

いつも通りに歯医者に行くと看板が出てなくてびっくり!

あれ、今日やってない?

でも、それだったら事前に連絡くれるはずなのに・・・とドアを押すといつものように受付の方が明るく迎え入れてくれる。

「看板出てないんですね」と訊くと

「このご時世なので、あまり新規の患者さん取らないようにしてるんですよね~」とのこと。

そっかぁ、歯医者さんも経済的ダメージくらってるよね。

院内に入ると看護士さんから両手にアルコールをシュッシュッされる。

見てると治療の合間にもアルコールで診療台などを丁寧に拭いている・・・

が、

しかし、

そんな看護士さん達の努力をこっぱみじんに吹き飛ばす事態が発生。

私と同時に入ったオヤジがノーマスクで院内でゴホゴホ咳してやんの

しかも、診療台でも咳しまくり。

口を押えることもなく唾液飛ばして咳しまくり、で、平気でやんの。

何てオヤジだ!

これはオヤジの前にいる歯科衛生士さん、気の毒過ぎる・・・

このオヤジがもし新型ウィルスに感染してたら完全にアウトだよ。

このオヤジのおかげで歯医者さんが

・インプラント

・ブリッジ

・義歯

に関する説明してくれたけどしっかり入ってこなかったよ。

とりあえず一番奥は仮歯を入れてもらい、問題の歯は空白で一か月くらい様子を見ることに。

この時期なので急を要する治療でなければちょっと先送りにすることにしました。

おかげで熟考する時間ができた、といっても最終的にはインプラントになりそうだけど・・・トホホ(泣)、

30万円かぁ~、3年前に30万円かけてブリッジ治したのは何だったんだろお・・・

あのブリッジの30万円は結局無駄じゃーん!!

だってあの時別に問題なかったんだもん、A歯科医師の

「ついでにここも直しましょう」

で30万円そして今度はまた30万円かけてインプラントへ・・・

って何かさぁ、納得行かないよね。

などと考えながら帰りに東武練馬の伊勢屋で豆大福と桜餅(道明寺)を買う。

30万円あったらこの豆大福がいくつ買えるのだろうなどと思いつつ。

ここの桜餅を食べないと春が来ないのよね~。

豆大福の豆が皿の模様にマッチしてて笑える(笑)

一か月後にまた歯医者に行くときにはこの新型コロナウィルスは少しは収束しているのだろうか?

その時は伊勢屋で柏餅を買おう、まだ、柏餅、売ってると良いんだけど。

ってこんなもんばっか食ってるから歯が悪いのか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク