最上階・角部屋の盲点

10月も下旬、朝夕はだいぶ冷えてまいりました、とはいえ、秋晴れの昨日今日はとても気持ち良い!
窓を開けていると心地よい風が入ってきて、何時間でも昼寝できそう。。。
しかし、地球温暖化のせいか過ごし易い季節は年々短くなっている気がします。
電気代を考えるとなるべく暖房つけたくないよ~!!
しかも、今の電気代、過去のどの部屋よりも高いのです。

今の部屋(賃貸8年目)が気に入っている理由の1つは最上階、角部屋というのがあります、がこれが実は高い電気代の要因でもあるみたいなのです。

最上階、角部屋だと周りを部屋で囲まれていないからどうしても風や太陽の光を多く受けてしまい、暑さ寒さが強くなるのだとか、
超中古マンション絶賛売出し中のクミちゃんから聞いた話なのですが、後日、中居君のミになる話でも不動産屋さんが同じことを言ってたので
多分本当なんじゃないかと・・・

最上階・角部屋は値段も高いし、市場に出てる数も少ないし、おまけに光熱費が高くなる、となっては経済力にさほど自信があるわけではないのでちょっと考えてしまいますが、
騒音や振動のトラブル発生率は低いので騒音に敏感(特に就寝時)な私としては心惹かれます。

実は過去に振動トラブルでたった4か月で部屋を解約した経験があるのでそれ以来その手のトラブルには神経質になっています。
賃貸であれば、最悪引っ越してしまえば済むけど分譲だとそうはいかないですもんね・・・

と言ってるところへテレビからマンションの高層階の固定資産税を上げるのどうの、というニュースが聞こえてきた。。。

あぁぁ、分譲で最上階・角部屋がさらに高嶺(高値でもいっか)の花になっていくぅ~・・・

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク